メタトレーダー自動売買チャンピオンシップ挑戦記

MT4・MT5の発売元であるMetaQuotes Software Corp社主催だった Automated Trading Championship の参加記録でしたが、今年から非公式のに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コンテスト終了

ついに終了してしまいました。
http://championship.mql4.com/2008/users
Liliputさんの逃げ切りでしたね。
なんとなく寂しいような気がします。
(外馬で稼げなくなったから?)
日本人一位はガマウシさんでした。
おめでとうございます。

また来年を目指してがんばりましょう!

スポンサーサイト

PageTop

残り1週間

3ヶ月にわたるコンテストもいよいよ残り1週間となりました。
このまま円高傾向が続けば、現在1位の 600349 Liliput さんの優勝となるのでしょうか?

筆者としても初めての参戦であり、初めてのリアルタイム観戦だった今回のコンテストは、
楽しくもあり、勉強にもなり、また、たくさん考えさせられることがありました。(まだ終わってませんが)

相場が、大相場だったこともあり、それに乗ったEAがたくさん上位に入っています。
600349 Liliput さんもその一人といえるでしょう。
EAの賞味期限や、限界、それを踏まえた使い方などについて考えさせられました。

筆者はスタート前には、NN系が上位を占めてくるのではと予想していましたが、
急激な相場環境の変化もあり、ほぼ不発に終わっているようです。
NN系は学習させなければ、その能力が発揮できないという欠点があるため、
ほったらかしのEAには、厳しいものがあります。
相場の変化に合わせて、毎週なり、定期的に最適化してウエイトの数値を変えていけば
実戦では良いのかもしれません。

逆にEAの真髄というか、最終形とでも言いましょうか、うまい言葉が見つかりませんが、
600486 PrizmaLさんを始めとするスキャル系のEAの有効性も確認されました。
いずれ細かく見ていこうと思いますが、上位10人のうち、少なくとも4人はこの範疇に入ります。
開催途中のルール変更とでもいえるスプレッドの拡大さえなければ、スキャル系のワンツーフィニッシュもあったのではないでしょうか。

主催者としては、理由は分りませんがマルチペアのEAを推奨しているという感じを受けました。
各参加者のインタビューなどでも必ずそれについて質問しています。

現在600349 Liliput さんのEAを解析中です。
来年に向けて、上位入賞者のEAを解析していくつもりです。
PageTop

strelecさん失格!

先週から第3位に着けていた 600592 strelec さん、なんと失格です。
「An unusual error was detected in the Expert Advisor 600592 - error 130 - incorrect stop size.」
EURGBPのスプレッドが、2から3に開いたことが原因でしょうか。
News - Automated Trading Championship 2008News - Automated Trading Championship 2008
大会期間中にスプレッドが開くということは、過去の大会ではありません。
彼のようなチビチビ型のEAには非常に痛い事です。そしてのみならず、失格とは。
スキャル型EAが1位から3位までを独占していた状況をよしとしない業者の意図が
見え隠れするような気がします。

以前から失格になった人達の公平性に関する不平不満はたくさんありましたが、
所詮、一私企業の主催するコンテストですから、当然ルールも何も主催者側の決めることです。
しかし、今回の彼の失格は、人ごとながら納得がいきませんね。
これから出場するEAには、必ず MarketInfo() で数値を確認してから、エントリーするような
ブロックを入れる必要がありそうです。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。