メタトレーダー自動売買チャンピオンシップ挑戦記

MT4・MT5の発売元であるMetaQuotes Software Corp社主催だった Automated Trading Championship の参加記録でしたが、今年から非公式のに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011コンテスト EA 作製記(4)

・EAをオプティマイズするときの小技その2
EAのシンボルとチャートのタイムフレームを可変パラメータにする。

どこかからExpertMultiSymbol.mqhを拾ってきてMQL5\Includeフォルダに入れます。
EAのド頭の
#include <Expert\Expert.mqh>
を、
#include <ExpertMultiSymbol.mqh>
に替えます。
下のコードをコピペする。
(例によって、どこに春の川からない良い子は真似をしないように)

//+------------------------------------------------------------------+
input int TestSymbol =0; // Symbol number to test
input int TestPeriod =0; // Period number to test
//+------------------------------------------------------------------+
//| Initialization function of the expert |
//+------------------------------------------------------------------+
int OnInit()
{
string symb[12];
symb[0]="USDCHF";
symb[1]="GBPUSD";
symb[2]="EURUSD";
symb[3]="USDJPY";
symb[4]="USDCAD";
symb[5]="AUDUSD";
symb[6]="EURGBP";
symb[7]="EURAUD";
symb[8]="EURCHF";
symb[9]="EURJPY";
symb[10]="GBPJPY";
symb[11]="GBPCHF";
ENUM_TIMEFRAMES per[5];
per[0]=Period();
per[1]=PERIOD_M15;
per[2]=PERIOD_H1;
per[3]=PERIOD_H4;
per[4]=PERIOD_H12;
//--- Initializing expert
if(!ExtExpert.Init(symb[TestSymbol],per[TestPeriod],Expert_EveryTick,Expert_MagicNumber))

per[5]の中身は適当に替えてください。直接TestPeriodを、input ENUM_TIMEFRAMESで宣言してもいいのですが、MQL5になってタイムフレームの種類がだいぶ増えたので、配列にしました。
シンボルも、同じように適当に不要なものは消してください。


1回目のテスト結果は、結局先方の機材の不具合で出なかったようです。テスト時間はわからずじまい。
3通貨ペアにダイエットしたものを再提出したレポートが来ました。
今回はOKで、時間は5分22秒でした。9通貨ペアぐらいならいけそうですね。再度チャレンジです。
TestresultOK


登録終了まで、1ヶ月と12日、現在までの参加(予定)者1436名。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。