メタトレーダー自動売買チャンピオンシップ挑戦記

MT4・MT5の発売元であるMetaQuotes Software Corp社主催だった Automated Trading Championship の参加記録でしたが、今年から非公式のに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

歴史のお勉強(2)

どうもMQ社の中の人もこのブログを読んでるようで(ンナワキャネー)、先日の記事に呼応するように、ATCのウェブサイトのニュースページに、過去の上位入賞者のストラテジーの詳細や統計などの記事がアップされています。
各年の上位20位の最終残高、勝率、PFなどの統計も出ていて興味深いですね。

結論の部分だけ要約しておきます。
「ほとんどの好成績のEAはトレンドフォロー型であり、大きなトレンドが発生したときに主となる利益を得ている。MAクロスといった単純な手法にしっかりとした資金管理を組み合わせたEAの方が、複雑な物よりも好成績となる場合も見受けられる。

上記の分析から、最適化はバランスだけでなくPFやシャープレシオも考慮すべきである。

過去のEAから学び、MT5の様々な武器を使って最強の戦略で、ATC2011に参加しよう!」

登録終了まで、2ヶ月と16日、現在までの参加(予定)者860名。
PageTop

歴史のお勉強

「ATCの歴史はEAの歴史である」と言っても過言ではない。
というわけで、過去のATCの歴史について簡単に学んでみよう。(なんてね。筆者は歴史の時間は苦手でした。)

2006年
参加258名 優勝400173 Rich (Ukraine) PF2.47 $35,175.56
黎明期。さすがに皆さん小手調べ程度のEAで参加されていたようです。
全体的に普通のテクニカルの組み合わせで作ったEAが多かったように見える。

2007年
参加603名 優勝500008 Better (Ukraine) PF2.18 $130,475.45
この年のBetterさんの優勝をきっかけに人工知能を使ったEAが流行りました。
その後、NN理論のMQL4での研究が進み、ライブラリもできたのでニューラルネットワークのEAへの導入がとても楽になりました。

2008年
参加705名 優勝600349 Liliput (Bulgaria) PF3.20 $169,584.64
いわゆる”朝スキャ”のワンツーフィニッシュとなった年でした。この後、ご存知の通りEAと言えば朝スキャと言うほど、商用EAのほとんどはこれというぐらいの朝スキャ時代の幕開けとなる。
ちなみに、この手法の元祖はViseuさんという日本人が作ったDP-002というEAである。(筆者も貰いました。)しかし、その後ブログの更新も途絶え、現在は杳として行方がわからない。筆者がEAという際限の無い趣味に足を踏み入れ、コンテストに出場するきっかけにもなった方だけにとても寂しい。

2009年
MT5への移行のため開催なし。

2010年
参加314名 優勝630049 bobsley (Russian Federation) PF1.15 $77,102.79
初のMT5での大会。参加者数、優勝者の最終バランス共に初めて前回を下回る。
MT5の普及が進んでいないことを如実に現す大会となった。

2011年
果たして今年は?またここから新たなEAのムーブメントが生まれるのでしょうか?

登録終了まで、2ヶ月と19日、現在までの参加(予定)者820名。
PageTop

ルール改定有りました

先日の記事で、ルール変更なしと書いたのですが、
よく読むとマイクロロット有りになってる?
IV. Trading terms
4. The minimum trading amount is 0.01 lots, and the maximum is 5 lots, with an increase by 0.01 lot on every order.

トラリピ系( || Manov型?)歓迎らしい。
ルールの変更は主催者側の特権であり、我々参加者は選択権がありません。
勝つための戦略は、主催者が”嫌い”な戦略では「ダメ」と言われるだけなのです。

つまり、このルール変更から読み取れる主催者好みのストラテジーとは?
低レバナンピン時代が来る?

登録終了まで、3ヶ月と19日、現在までの参加(予定)者192名。
PageTop

登録受付スタート

イラスト1
さあ、今年も始まってしまいました、2006年から始まり今年で第5回目となる Automated Trading Championship 2011、 いよいよ登録受付開始です。

筆者も早速登録しました。EA提出は、きっとまたぎりぎりになるのでしょうけど。
デモアカウントは特別に割り振られることは無く、普通のMQ社のデモアカウントと同じ枠になっていました。
スポンサーはMIGバンク以外は総入れ替えです。ダウジョーンズの替わりにTSDがメディアスポンサーになっています。
ルールは特に変更は無いようです。

埃を被ったMT5を取り出し、アップデートを済ませました。
また、MQL5と格闘しなければなりません。今年は割りと普通のEAでごまかそうと思っています。
EA提出期限は、9月23日です。

登録終了まで、3ヶ月と23日、現在までの参加(予定)者29名。
ロボットタウン
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。